カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

チコリー(蠍座):自分の愛情が受け入れてもらえないと感じることに抵抗が強く、自分を見て欲しい、かまって欲しい気持ちが強い時に。

<キーワード>
・Smothering(息苦しくさせる)
・Possessive(所有欲が強い)
・Selfish(利己的な、自分本位な)
・Clingy(しがみつく)

チコリー(蠍座):自分の愛情が受け入れてもらえないと感じることに抵抗が強く、自分を見て欲しい、かまって欲しい気持ちが強い時に。

価格:

1,200円 (非課税) 2,500円 (非課税)

購入数:

ボトルサイズ

価格

在庫

購入

10mlボトル

1,200円 (非課税)

30ml:在庫切れで入荷ご希望の場合はメールでお知らせくださいね

2,500円 (非課税)

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

本当は愛情深い人なのに、自分もかまって欲しい、自分を見て欲しいという思いが強い人に。


✽こんな気持ち、こんな方に✽

・豊かな愛情ゆえに、愛する人に干渉して、結果的には自分の思うように操作している形になってしまう。

・世話を焼きたくて焼くのだけれど、相手から感謝や評価がないと落ち込んだりすねたりしてしまう。

・自分がしたことに対して評価を求めてしまってこじらせることが多い。

・感情面での絆にこだわってしまうので、愛されていないと不機嫌になりやすい。

・「私のおかげで」こんな風にできているという自負が強い。


✽こんな風に効果を発揮✽

・自分本位の考え方を緩和してくれます。

・見返りを求めないで純粋に相手を愛して尽くせるようにサポートをしてくれます。

・内面の落ち着きを取り戻すことができるようになります。

・大きな愛で献身的に周囲の人の世話をできるようになります。

・安心感を与えられるようになります。

******************************************************

チコリーのボトルメッセージは「手放す」。


本当は無償の愛を与えられる人なのに、見返りを求めてしまって自分で苦しくなる気持ちに。

せっかくの愛情も、押し付けがましくなったり、おせっかいが過ぎたりしませんか。
相手を思っているようでいて、実は自分のために動いて欲しかったり。
蠍座のレメディーでもあるチコリーは、人との関わり方を深いところで求める人が、ひとりよがりな愛情にならないようにサポートしてくれます。

相手からのリアクションや見返りをあまり求めると、それが叶わなかった時に自分も苦しくなりますね。
「こんなに尽くしてるのに」と、相手を責めたり不満が募りやすくなります。
そうなると、相手も距離をとろうとしますよね。

相手に安心感をもってもらえるおおらかな愛し方ができるようにサポートしてくれます。

✽この子は蠍座のレメディー✽



蠍座の人は、深いところでの人とのつながりを求めています。
一体化することでその本質を見極めたいという強い思いを持っている人です。
そして、愛情が豊かだからこそ、大切な人に深く関わりたいし、その人の愛情を独占したい。
少し、支配欲の強引さの方が強く感じるならバインも一緒に飲むといいですよ。

ちょっと極端な思考になりがち。
「それなら私のこと必要じゃないわよね」と、いるかいらないか、ゼロか100か、みたいな考え方なのでグレーゾーンがあまりありません。

この蠍座に対応するタロットは死神。
支配星は冥王星。その極端さもうなずけますね。


だから、自分が思っているよりも浅いつながりだと、自分から離れていきそうで不安になるのです。
「あなたのため」と言いながら、本当は自分の為にそばに置いておきたい。
自分への愛情を相手の行動によって秤にかけようとする、少し自分本位な愛し方を改める余裕を与えてくれるレメディーです。



この子はもともとチベットのお花なので、イギリスの寒さに弱いの。
唯一栽培で作られる珍しいレメディー。
バッチ博士は、このチコリーがプラスにあらわれた状態を、すべての人間に潜在する魂の慈しみ深さを表す「普遍的な母」の元型と比較しています。
それくらい、大いなる母性のエネルギーを持っているレメディーなんですね。


☆ブレンド参考:蠍座×山羊座の月星座オイルブレンド☆



月星座オイルブレンドもお届けしています♪


✽チコリー参考記事✽

・月星座蠍座のオイルと蠍座のレメディー(タロットも出てくるよ)

・11月8日、蠍座新月のレメディーと月星座オイル


・ブルーボトルのカテゴリー、「他人に関心を持ちすぎる気持ち」へのレメディー

・カテゴリー7、「他人に関心を持ちすぎる気持ち」へのレメディー記事一覧

 

 

ページトップへ